あなたの笑顔のお手伝い

整骨院ってどういうところ?

 

接骨院・整骨院とは、柔道整復師が骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等を対象とした治療院です。

 

柔道整復師は「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等に対して、応急的または医療補助の目的をもって、その回復を図る施術を業として行う者」と法的に認められた部分医療を業とする医療従事者です。

 

業務は、「身体に加わる外力、または、自力による急性または急性に近い原因の皮下損傷に対する徒手による施術」、

具体的には 骨・筋・関節などにいろいろな力が加わって発症する骨折・脱臼・打撲・捻挫(疾病性のものを除きます)・挫傷などに対する施術で、外傷性や疲労性、更には歪んだ姿勢性によって生じる損傷や障害に対し、整復調整の手技療法を施すものです。

 

「手」を使って治療する日本独自の伝統医学に、 東洋医学と現代医学がミックスした医業技術。

 

一般に『整骨』や『接骨』、『ほねつぎ』などの呼称で知られる 柔道整復術は、
日本古来の柔術から 派生した日本独自の伝統医学です。

柔道整復術は、注射や薬に頼らない、あくまで手技を尊重する施術です。
直接患者さんと向き合い、症状を聞き、 人間の自然治癒力を
最大限に生かして回復のための手助けを行ないます。

 

具体的には、骨折・脱臼・打撲・捻挫や挫傷などの回復をはかる
広い意味でのリハビリテーションに大きな効果をあげています。

文字通り『手をかけ』『手当てする』ことで身体機能の治療・回復と同時に、心の健康にも貢献していく医療です。

 

その技術は、柔道を基とした柔術の活法に東洋医学が加わった日本の伝統医療、「整骨術」として江戸時代に確立したと言われています。

 

柔道整復術の歴史は鎌倉時代以前にさかのぼることができます。

 

武道により受けたケガを治療していたのが柔道整復術のはじまりです。「医心方」(984年、現存するわが国最古の医書) には脱臼、骨折、打撲などのケガについて記載されています。さらに治療法については海外からの技術を導入し発展し続けました。

 

江戸時代の中期以降になると、西洋の近代医学が大きな影響を与え、江戸時代末期には日本の外科、接骨術は体系化され、明治に入ると「医制」の制定により漢方医学が廃止されます。

これに伴って接骨術はほとんど顧みられなくなりました。明治中期以降は接骨業者は激減し、ほとんど絶滅状態となりました。

 

明治45年、武道家による接骨行公認運動が開始されました。

「柔道接骨術公認期成会」を結成し、復活運動を繰り返し行い、大正9年に「按摩術営業取締規則」を準用する形で「柔道整復術」という名称が公認されました。

昭和45年には「柔道整復師法」として単独法となり現在に至ります。

 

このように柔道整復術の根源は武道 (殺法) と治療 (活法) が一体となって平安時代末期にあると考えられますが、明治末期に武術は柔道としてスポーツの分野で発展し、オリンピックの正式種目にもなっています。

 

一方、柔道整復術は医療の一端を担うようになり、科学的研究も行われるようになりました。武術・柔道整復術はそれぞれ分かれて発展し現在に至るわけです。

柔道整復術は日本の伝統医療として発展し続け、2002年には WHO (世界保健機構) でも「Judotherapist」として 認知され、国際的にも知られるようになりました。

 

現在、柔道整復師資格は国家資格であり、定められた学校等で 3年以上、西洋医学を取り入れた基礎医学等を学んだ後、国家試験に合格した者にのみ資格が与えられます。

 

 


鍼灸院ってどういうところ?

 

はり師・きゅう師が、鍼(はり)や お灸を使って、気・血・津液の乱れや滞りを改善する治療院です。

 

鍼灸医学では、精神と身体を一つとみなし、人間を総和でとらえます。
身体を部位別にみるのではなく、心身全体の調和をみながらアプローチする全人的医療です。

 

近年、健康に対する意識が高まる中、病に至る前の予防医学・未病医学が大きな注目を集めています。

 

鍼灸治療は、東洋医学の考え方に基づき身体のバランスを整え、本来持っている治癒力を引き出します。

身体にやさしく副作用の少ない治療法として、疾病の治療のみではなく、予防医学・美容・スポーツ・介護分野など、さまざまな分野で注目されています。

 

鍼灸は、古くから伝わる新しい医療として注目されています。

「未病を治す」といって、病気を未然に防ぐ予防医学において、鍼灸治療は効果を出しています。