腰痛症

 

『腰痛』ないし『腰痛症』とは病名ではありません。「腰の痛み」ですから 疾患名ではなく、疾患に伴う症状名です。

 

・「腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛」

・「脊柱管狭窄症による腰痛症」

 

と いった具合ですね。

腰痛の原因は無数にあるので、『手技療法』の適応疾患である腰痛症と、適応外の腰痛症が混在しています。

何でもかんでも腰痛を治せるような誇大広告をする、悪質かつ不勉強な民間療法にはご注意下さい。

 

さて、それでも腰痛症を大枠で分類すると 3種類に分かれます。

 

1、スポーツや事故などで痛めて起きる外傷性腰痛
2、姿勢の癖や、骨・関節の加齢変形による筋肉負担や神経圧迫で生じる慢性腰痛
3、病気(内蔵疾患を含む)や、精神ストレスから来る腰痛

 

このうちの『3』が結構多いようで、整形外科の画像診断で診断名がつく腰痛は15%で、85%は原因不明(整形外科学的には説明できない『非特異的腰痛』)と言われています。

 

そこで、最先端医療では診療科目の壁を取り払う『リエゾン診療』が行われる様になってきました。

(『リエゾン』とは、フランス語で『連携』を意味する言葉)

 

この連携には内科・心療内科だけでなく、リハビリテーション科も貢献できます。

安静固定期間に筋力や関節可動域が低下した外傷性腰痛に対する『機能訓練』だけでなく、『関節モビライゼーション』や『筋膜リリース』は、姿勢改善の効果もあるので慢性腰痛にも有効です。

そして、『3、病気(内蔵疾患を含む)や、精神ストレスから来る腰痛』にも一定の鎮痛効果が望めます。

 

人が自身の痛いところを無意識に触ったり、さすったりするのは鎮痛効果がある為だと言われています。

脳に伝わる『痛覚情報』を『触覚情報』で上書きすることで、実感する痛みが軽減されます。これは他者に、さすられた場合も同様です。

 

また 理学療法の『マニピュレーション(手で操作する)』は、気持ちの良いマッサージ的な側面もありますので、リラックスによる精神ストレス緩和の効果も期待できます。

 

 

 

 

 

 

日本人には、腰痛で悩んでいる方は多いです。 特に長時間同じ姿勢でパソコンを使用している人や同じ姿勢で勉強などをしている人は肩がこりやすく、前かがみの姿勢、猫背になってしまっている人が多数です。

 

 腰痛の原因はいくつかあります。

 

・筋力低下によるもの
・急激な運動によるもの
・怪我などによるもの
・日常生活の積み重ねによるもの
・姿勢の崩れによるもの

 

などです。

 

特に、ずっと同じ姿勢で立ち続けたり、パソコン作業で座りっぱなしという状態は良くありません。

同じ姿勢を維持するためには、身体を支えている腰の筋肉に力をいれないといけないからです。

この状態を長時間つづけると、腰の筋肉が疲労して固くなり、腰痛を悪化させてしまいます。

 

筋肉の過負担が原因の場合の腰痛は上記を改善することで徐々に回復をしますが、関節の損傷によるものや、ごく稀に内臓疾患から来る腰痛もあります。

しばらく様子を見ても軽減しない腰痛は、医療機関を受診する事が大切です。

 

  

 

 

 

あなたは大丈夫ですか?


・前傾姿勢でいることが多い。
・きつい下着をつけている。
・柔らかい布団で寝ている。
・いつも同じ側の肩にカバンなどをかけている。
・椅子に座るとき、つい足を組む癖がある。
・湯船につかると腰が楽になる。
・仕事で長時間ずっと座っている。
・歩くのが嫌い。避けている。
・重い荷物を持つことが多い。 

 

あてはまる項目が多い方は、要注意ですよ。
腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く、一生のうちに腰痛を体験する人は8割であるという報告もあるくらい腰痛症は国民病といって過言ではないかもしれません。

腰痛の中でも、ぎっくり腰はクセになりやすいと言われます。
正確には『癖になる』のではなく、『ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているから』なんです。

ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。

すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送り、またしっかりその痛みを根本から改善していくことが大切です。

 

「全身バランス」が悪い状態に記憶されると、腰に負担がかかることで腰痛の原因となります。また、そのまま放っておくとぎっくり腰や坐骨神経痛、ヘルニアなどのより重い悩みに繋がっていくこともあります。

 

しかし、マッサージでは表層の筋肉にアプローチしていくため、なかなか腰痛が改善しない事が多いのです。

 

接骨院・鍼灸院・整体院で、「正しい全身バランスに形状記憶」することが、腰痛改善の近道です。

 

 

腰痛の原因は日常生活の無理な姿勢や、仕事中に、座りっぱなし、立ちっぱなしなどの、同じ姿勢が続くことでよく腰を痛めます。

腰は、「要」と書くように、体の構造の中でもっとも重要な役目を持っています。

腰を痛めると、「立つこと・座る事」ともに仕事や、日常生活に支障をきたします。

 

腰は日常生活のどの動きにも使うため、軽度の痛みでも自力でよくなることはほとんどありません。

ひどくなると寝返りが打てない方もいます。さらに悪化すると、突然ぎっくり腰になったりして坐骨神経痛(ヘルニア・梨状筋症候群)などえ、足にシビレや違和感を感じることがあります。

 

早めの改善をすることで腰痛の早期解消になります。

 

主な原因は、「骨盤のずれ」と「腰回りの筋肉のコリ」によるものだと考えられます。

整骨院では、根本の原因を治すために、骨盤のズレを治す、骨盤矯正と筋肉のコリを両方にアプローチするマッサージで根本改善につくします。

さらに、自費治療にはなりますが、ハイボルテージ療法にて、さらに深部の痛み・炎症にまでアプローチして早期改善することが可能になりました。

 

このような方が来院されます

  • 慢性的(長年)に腰痛に悩んでいる
  • 仕事柄、腰に負担がきていて痛いので何とかしてほしい方
  • 子どもを抱っこしていて腰が痛い、または辛い方
  • 朝起きるときにキツイ
  • 重たいものをよく持つ
  • 立ち座りの際に腰が痛む
  • 動き始めが痛い
  • ぎっくり腰を起こしたことがある

筋肉をほぐす指圧マッサージ

この施術ではまわりで背骨を支えている筋肉をほぐします。 筋肉のバランスを整えることにより、より施術効果が最大限に引き出され良い状態が持続します。

背骨・骨盤矯正で歪んだ体を整えていきます。 この背骨骨盤矯正だけで、ほとんどの方が体への変化を感じております。 

 

 

腰痛の原因85パーセントは、医学的に不明というデータがあります。

実際に整形などで手術しても、痛みが取れないなど良くあることです。

 

腰痛は、筋肉・骨格の状態や全体のバランスを整えていかないと治りません。

腰痛が再発する方は、身体の姿勢バランスが崩れているからです。

 

腰痛の原因は、他の部位が原因で腰に痛みが出ている事があるので、腰は筋肉の張りを確認する程度で、それほど触らずに改善することも良くあることです。

 

腰が痛いだけでなく、足のほうも、張ってきたり、痛みやしびれが出る方がいます。
立位でいると足が張ってきたり、歩行もだんだん困難になってくる方もいます。
よく坐骨神経痛とか狭窄症という診断が下されますが、いずれの症状も多くの場合、改善していきます。

 

リハビリで病院や整骨院に、長い間通われて治療効果が出ない方などもいますが、そのような方も、当院で改善することは良くあることです。

 

医療機関で治療を受けていても、改善している実感がない。
治らないというのは、治療法が適切ではなく、症状に合っていないということです。

 

 

適切な施術を行えば、身体は速い段階で良くなっていきます。

 

施術については痛みを与えたり、強い圧をかける、急激にひねるなどの危険な行為はしておりませんので、妊婦さんから高齢の方まで安心して受けられてます。

強い痛みが出ている方でも、無理のない姿勢から緩めていきますので安心してお越しください。

 

多くの場合受けたその場で、痛みは軽減していきます。
症状が重かったり、長い間患っていた方は、痛みが戻ってきますので、複数回の施術が望ましく、メンテナンスの通療をすることによって、再発の防止になります。

 

 

 

腰痛の原因について当院では四つの観点から見ております。

1.姿勢によるもの

●長時間座っている仕事や中腰の姿勢での作業など、筋肉が伸ばされた状態で硬くなることにより、腰痛が起こる。

●ソファーなど座面の柔らかいイスは重心が安定しずらく腰周辺の筋肉に負担がかかりやすいので腰痛を引き起こしやすい。

●振動が強い乗り物に乗ると腰椎やその周りの組織に振動が伝わり腰痛を引き起こすことがある。

2.内臓の不調によるもの

●内臓の不調により腹圧が弱くなっているときは、腰を前から支える力が弱まり腰椎に負荷がかかり、

骨がずれて腰痛を起こすことがあります。

3.ストレスによるもの

●ストレスにより自律神経が交感神経優位になると、背骨周りの筋肉を緊張させ腰痛を引き起こすことがあります。

また、ストレスにより内臓の調子が悪くなるといったこともよくあります。

4.過度な運動によるもの

●スポーツなどで過度に負担をかけたりすると腰椎分離症・すべり症になることもあります。

施術方法

一例をあげると、

まず、おおまかに骨盤の歪みや身体全体の捻じれを取って行き、必要であれば腰椎の矯正を行います。

矯正の手技は、歪んでいる骨を正常な位置まで軽い力で指で押さえていきます。

痛みはありませんのでご安心ください。

その他、テーピングやコルセットなどを用いることもあります。

 

「慢性の腰痛で無理ができない」

「いつも腰がだるく重苦しい」

「寝てる状態から身体を起こすのがつらい」

「椅子から立ち上がるときに腰が痛い」

「ぎっくり腰になりそうな感じだ」 

「ぎっくり腰になってしまった」

 

という方はお気軽にご相談ください。

  

 

 

 

軽度のものから重度のものまで、腰痛は多くの方を悩ませております。人間の身体の要とも言われる部位ですので、痛みがあるとさまざまな障害が出てきてしまうでしょう。

たとえ軽い痛みでも、次第に悪化してしまうことも考えられますので、お早めに はりきゅう整骨院桜までご相談ください。シップや塗り薬だけでは根本からの改善は出来ないのです。

 

どのような動作をするにあたっても、腰痛があることでとても不便に感じてしまうことでしょう。

 

立ち上がろうとしたときにズキっと痛む…

長時間立っていると痺れも出てくる…

思い切りスポーツが出来なくなってしまった…

 

など、つらい痛みを感じたときには我慢せずに整骨院にて腰痛治療を始めていきましょう。

早めに治療を開始すれば、それだけ早く改善させることが出来るのです。

 

軽い腰痛なら放っておいても自然に治るだろうと思われている方も多いことでしょう。しかし時間が経つにつれて治るどころか悪化してしまうことの方が多いため、軽い症状でも決して侮ってはいけません。

悪化させてしまう前にしっかりと完治させておきましょう。  

 

 

腰痛は主に3種類に分かれています。

 

・スポーツなどで筋肉を痛めたときなどにおこる緊張性腰痛(筋肉を原因とした筋筋膜性腰痛)
・腰部に負担のかかる動作による頚椎、腰椎、神経などの障害でおこる慢性型腰痛
・病気やストレスから来る腰痛

 

特に慢性化した腰痛の原因は、腰が悪いとは限りません。

身体の姿勢と骨格のバランス、そして精神バランスが崩れることもあります。

 

骨盤がゆがむことにより身体全体のバランスが崩れ、腰に負荷をかけることになります。
普段、骨盤に負荷をかけるような動作はしていないつもりでも、骨盤がゆがんでいれば痛みを引き起こしている原因になり得る可能性があります。

腰に負荷がかかった状態で、ふとした動作の際に緊張状態が一気に緩むことでぎっくり腰になってしまうこともあります。 

 

腰痛を放っておくと腰から足にかけて存在する坐骨神経が圧迫されることにより痛みやしびれが生じる坐骨神経痛や腰痛が悪化することによる椎間板ヘルニアへと発展することも可能性もあります。 

 

腰痛を抱えている方はとても多いのですが、本当に正しい治療を受けられている方は意外にも少ないように思います。

市販のシップを貼ったり、塗り薬を使ったりして、とりあえず一時的に痛みをやわらげているという方が多いのではないでしょうか。腰痛の原因を改善することなく痛みだけをその場だけごまかして生活し続けると慢性腰痛へと移行してしまいます。慢性化した腰痛は筋肉のコリも頑固になります。また、腰痛の原因となる骨格のゆがみも大きなゆがみになってしまいます。慢性化や重症化する前に治療を受けることをオススメします。

 

慢性腰痛を放っておくと、椎間板ヘルニアやすべり症、ぎっくり腰などつらい症状を引き起こしてしまうことも御座います。こうしたひどい痛みを抱えてしまう前に、整骨院・整体院・鍼灸院できちんと腰痛を改善させておきましょう。当院では、骨格のゆがみを整えていき、腰痛の原因部分からの改善を図ることが出来ます。 

 

骨盤矯正を受けると腰痛の根本改善だけでなく、姿勢の改善や腰痛による日常生活のストレス緩和などが期待できます。
腰痛の根本改善を行うと骨盤のバランスが整い、維持されることで腰痛になりにくい身体になっていきます。

 

 

 

腰痛・坐骨神経痛は当院で最も訴えの多い症状ですが、その原因は様々です。骨盤のゆがみ、筋肉の過剰な硬さ、加齢による骨の変形、仕事・家事・運動の負担、過去の外傷や手術、出産などが複合的に関連している場合が多く、また腰は身体の中心にあって全身のあらゆる部位とつながっているために首や肩、脚などの影響を受けて痛みが発生していることもあります。

レントゲンやMRIを撮って画像上は異常が見つからない「原因不明の腰痛・坐骨神経痛」でも、痛みの経緯や過去の病歴をうかがい、全身の状態をチェックすることで痛みを解決する適切な治療方法を見つけることができます。

 

  

腰痛の原因は様々ありますが、多くは日常生活における慢性的な腰への負担が大きく関わっています。

例えば

  • 仕事で重い荷物を運ぶことが多い
  • 家事で腰を落とした姿勢を良くとる

など、普段当たり前にとっている動作がじわじわとあなたの腰を痛めています。

弱っている腰にある日急激な力が加わったとき、その衝撃に耐えられず起こるのが「ぎっくり腰」です。

 

慢性的な腰への負担は、ぎっくり腰を引き起こてしまいます。そうなる前に早期の治療が大切です。

骨盤矯正は、腰痛の原因である背骨や骨盤の歪みを正しい位置へと戻します。

歪みを取り除くことで椎間板へのストレスを緩めることができます。矯正により神経圧迫も紐解かれ、身体の巡りがスムーズになっていきます。

 

身体全体の循環がよくなると、脳と身体が相互に送りあっているエネルギーが正常に伝わりはじめ、自然治癒力もぐんとアップします。

高い治癒力を取り戻すことで、腰を固めていた過緊張状態の筋肉はほぐれ、腰痛は自然に治っていきます。

姿勢が悪い方は、合わせて姿勢矯正を行うと良いでしょう。

慢性ヘルニアで「手術しかない」と言われた方でも骨盤矯正で症状が緩和した方は大勢いらっしゃいます。

諦める前にお試しください。 

 

 

日本人には、腰痛で悩んでいる方は多いです。 特に長時間同じ姿勢でパソコンを使用している人や同じ姿勢で勉強などをしている人は肩がこりやすく、前かがみの姿勢、猫背になってしまっている人が多数です。

 

 

腰痛の主な原因は

 

・骨盤、背骨の歪み
・腹筋、背筋の筋力の低下
・かかとの高い不安定なパンプスなどをはく習慣
・妊娠、出産後の骨盤の開き
・体重の増加

 

などで、全身バランスが悪い位置に記憶されることです。

特に、ずっと同じ姿勢で立ち続けたり、パソコン作業で座りっぱなしという状態は良くありません。

同じ姿勢を維持するためには、身体を支えている腰の筋肉に力をいれないといけないからです。

この状態を長時間つづけると、腰の筋肉が疲労して固くなり、腰痛を悪化させてしまいます。

 

 

あなたは大丈夫ですか?


・前傾姿勢でいることが多い。
・きつい下着をつけている。
・柔らかい布団で寝ている。
・いつも同じ側の肩にカバンなどをかけている。
・椅子に座るとき、つい足を組む癖がある。
・湯船につかると腰が楽になる。
・仕事で長時間ずっと座っている。
・歩くのが嫌い。避けている。
・重い荷物を持つことが多い。 

 

あてはまる項目が多い方は、要注意ですよ。
腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く、一生のうちに腰痛を体験する人は8割であるという報告もあるくらい腰痛症は国民病といって過言ではないかもしれません。

腰痛の中でも、ぎっくり腰はクセになりやすいと言われます。
正確には『癖になる』のではなく、『ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているから』なんです。

ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。

すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送り、またしっかりその痛みを根本から改善していくことが大切です。

 

「全身バランス」が悪い状態に記憶されると、腰に負担がかかることで腰痛の原因となります。また、そのまま放っておくとぎっくり腰や坐骨神経痛、ヘルニアなどのより重い悩みに繋がっていくこともあります。

 

しかし、マッサージでは表層の筋肉にアプローチしていくため、なかなか腰痛が改善しない事が多いのです。

 

接骨院・鍼灸院・整体院で、「正しい全身バランスに形状記憶」することが、腰痛改善の近道です。 

 

 

 

 

 

・「長時間座っているのがつらい・・・」
・「椅子から立ち上がるときに痛みが走る・・・」
・「横になっても腰が痛い・・・」
・「重いものをもったときに激痛が走った・・・」 

 

日本人には、腰痛で悩んでいる方は多いです。 特に長時間同じ姿勢でパソコンを使用している人や同じ姿勢で勉強などをしている人は肩がこりやすく、前かがみの姿勢、猫背になってしまっている人が多数です。

 

 

腰痛の主な原因は

 

・骨盤、背骨の歪み
・腹筋、背筋の筋力の低下
・かかとの高い不安定なパンプスなどをはく習慣
・妊娠、出産後の骨盤の開き
・体重の増加

 

などで、全身バランスが悪い位置に記憶されることです。

特に、ずっと同じ姿勢で立ち続けたり、パソコン作業で座りっぱなしという状態は良くありません。

同じ姿勢を維持するためには、身体を支えている腰の筋肉に力をいれないといけないからです。

この状態を長時間つづけると、腰の筋肉が疲労して固くなり、腰痛を悪化させてしまいます。

 

 

あなたは大丈夫ですか?


・前傾姿勢でいることが多い。
・きつい下着をつけている。
・柔らかい布団で寝ている。
・いつも同じ側の肩にカバンなどをかけている。
・椅子に座るとき、つい足を組む癖がある。
・湯船につかると腰が楽になる。
・仕事で長時間ずっと座っている。
・歩くのが嫌い。避けている。
・重い荷物を持つことが多い。 

 

あてはまる項目が多い方は、要注意ですよ。
腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く、一生のうちに腰痛を体験する人は8割であるという報告もあるくらい腰痛症は国民病といって過言ではないかもしれません。

腰痛の中でも、ぎっくり腰はクセになりやすいと言われます。
正確には『癖になる』のではなく、『ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているから』なんです。

ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。

すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送り、またしっかりその痛みを根本から改善していくことが大切です。

 

「全身バランス」が悪い状態に記憶されると、腰に負担がかかることで腰痛の原因となります。また、そのまま放っておくとぎっくり腰や坐骨神経痛、ヘルニアなどのより重い悩みに繋がっていくこともあります。

 

しかし、マッサージでは表層の筋肉にアプローチしていくため、なかなか腰痛が改善しない事が多いのです。

 

接骨院・鍼灸院・整体院で、「正しい全身バランスに形状記憶」することが、腰痛改善の近道です。