カイロプラクティック

カイロプラクティックは、筋骨格系の歪みを取り除き、神経の働きを整え、人が持つ自然治癒力を最大限に引き出して健康に導くヘルスケアです。手でマニュピレーション(施術)を行うので副作用の心配がなく、かつ直接痛みの根源にアプローチするため、整形外科では限界のある腰痛や肩こりなどの症状に絶大な威力を発揮します。

 

カイロプラクティックは、日本のものではなく、100年も前にアメリカのD.D.パーマーが始めた手技療法です。

もともとは、難聴であった使用人の背骨の突起をパーマーが見つけ、その突起を調整(アジャスト)してみると、長年患っていた難聴が治った、というエピソードが誕生のきっかけです。「カイロプラクティック」という名称は、ギリシャ語の「手(カイロ)」と「技(プラクティック)」からできたものです。

D.D.パーマーは、「背骨の歪みが、人の体の不調を生み出している」という仮定を元に、医学を学び、医学的理論を元にカイロプラクティックを体系化し、今では世界80ヶ国以上に広まりアメリカやイギリスなど34の国と地域で法制化され、広く親しまれている手技療法となっています。

 

カイロプラクティックは、腰痛・肩こりを始め、様々な症状に効果的です。

病院では、患者さんの主訴を聞き(だいたい3分前後だと思います)、X線を取って判断されます。そこに異常がみられなければ、「異常なし」と診断され、痛み止めなどの薬物投与や赤外線治療、牽引などが施されます。

レントゲンで「異常なし」とされても、痛みを抱えて辛いのは患者さんご自身です。どこに行っても良くならず、最終的にカイロプラクティックに辿りついた患者さんは大勢います。

カイロプラクターは、このような整形外科の範疇では「異常なし」という症状でも、カイロプラクティック学的観点から原因を突き止め、原因に直接アプローチすることで、痛みの根源治療ができます。

 

カイロプラクティックでは治療ができない症状があります。

「カイロプラクティックで何でも治せます」

というカイロプラクターには、ご注意ください。