スポーツ障害

 

ほとんどの場合、成長期での運動のしすぎが原因です。 

しかし、運動のしすぎの他にスポーツ外傷の原因になるものがあります。

スポーツを行っていると少なからず身体のバランスが崩れてきます。

その状態で激しい運動を行うと身体の負担は大きくなります。

バランスを整えることで負担を軽減させることができ、スポーツ障害を最小限に抑えることは可能になり、パフォーマンスも向上します。

 

成長期の激しい運動でのスポーツ障害は、今後の運動パフォーマンスに障害を及ぼすことが多く注意が必要です。

 

 

 


疲労骨折

 

骨の同じ場所に繰り返し加わる小さな力によって、不完全または完全に骨の組織の連続性が断たれた状態のことを言います。

主に脛骨、腓骨、中足骨等の下肢の骨や肋骨に発生しやすく通常の骨折に比べて運動時に激しい痛みを感じ、休んでいる時は痛みが軽いという特徴があります。

 

明確な外傷の自覚がないのに、運動中に激しい痛みがある場合は注意しましょう。

 

 

 


オスグッド

 

激しいスポーツをする10~15歳くらいの成長期の学童・生徒に好発しやすく、脛骨粗面(ヒザの下、スネの上端の部分)に圧痛があり、進行すると隆起が見られます。

 

膝の屈伸や正座などでも痛みを感じますが腫脹、発赤等の炎症状態が少ないのも特徴的です。

 

 


ジャンパー膝

 

膝蓋骨と脛骨をつなぐ靭帯の炎症で、ジャンパー膝と呼ばれることもあります。

 

その名の通り、ランニングやジャンプをする競技に多くみられます。

最初は運動後の痛みが運動中も痛くなり、ひどくなると日常生活にも影響が出ます。

 

 


 

接骨院整骨院・鍼灸院では、負担がかかっている部位を見極め、全身のバランスを整えていきます。

全身のバランスが整うことで、痛みが出ている局所に生じている偏った荷重を減らし、痛みの改善を計ります。

 

なぜ整骨院の施術がスポーツ障害にいいかと言うと まず、痛みが出ている場所と痛みの原因となっている場所は別のことがあるからです。

例えば、痛い場所のマッサージはその場限り、もしくは炎症があるものの場合は悪化する可能性があります。

 

整骨院の施術は周辺・全身から痛みにアプローチしていきますので、その危険性を最小限に抑えることができます。

痛みに対しその場限りのものではなく、根本的な負担の改善を目指し、スポーツを行う皆様をサポートしていきます。

 

ランナー膝・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝などのスポーツ障害でお困りの方は整骨院へお越し下さい。