坐骨神経痛

 

・「ずっと立っていられない・・・」
・「長期間足にしびれが続いている・・・」
・「ふくらはぎに原因不明の痛みがある・・・」
・「痛みのために歩行が困難になる・・・」
・「足の感覚が鈍っている・・・」 

 

その痛みや しびれは、坐骨神経が圧迫され痛みが出る神経症状かもしれません。

 

坐骨神経とは、人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから足先まで伸びています。

坐骨神経痛とは、腰から つま先にまで伸びている長く太い「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

腰痛と坐骨神経痛のちがいは、腰痛は腰とおしりにのみ痛みや重さがありますが、坐骨神経痛はおしりや脚に しびれが出てきます。

坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、症状としては、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけての痛みや しびれ、ふくらはぎの張りなどの症状があらわれます。

 

以下のような症状に思い当たるところがあれば、要注意です。

 

・足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる。
・いつもおしりに痛みやしびれがある。
・腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる。
・安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない。
・足だけではなく、腰にも痛みがある。
・身体をかがめると痛くて靴下をはけない。
・立っていると足が痛んできて、立っていられない。
・お尻が痛くて座っていられない。
・足の筋肉が左右で差が出ている。
・足の裏に正座の後のようなジリジリとした不快な感覚(しびれ)がある。
・足の裏の皮膚が厚くなったような感覚がある。

 

 

どこで神経が圧迫されるか

 

・根性坐骨神経痛・・・坐骨神経の付け根の圧迫
・梨状筋性坐骨神経痛・・・梨状筋の圧迫
・症候性坐骨神経痛・・・原因不明

 

「坐骨神経痛」と言っても様々な原因があり、症状も異なります。
ただ、その圧迫・刺激する原因のほとんどは、坐骨神経のまわりにある筋肉が硬くなってしまっているケースです。

その為、しびれが起きるおしりや足だけでなく、まず、しびれを起こしている神経の通り道の固くなった筋肉を柔らかくすることが先決になります。

 

症状を改善しようと、いくつもの接骨院整骨院や鍼灸院などに行かれ、あらゆる手段を尽くしても症状がよくならなかった方は、筋肉の緊張が通常より強くなってしまい、慢性化し、改善しづらくなっている傾向があります。

しびれと痛みを伴う場合や、倦怠感などを感じられている場合、筋肉の緊張によるものなので、痛みを起こしている筋肉自体にも深層からしっかりアプローチしていく必要性があります。

マッサージなどでは、表面の筋肉はゆるみますが、肝心の深層の筋肉がまだ硬いままで、緊張し、坐骨神経を圧迫・刺激したままになるので、この固く緊張している深層の筋肉をしっかり緩和してあげないと、症状の改善にはつながりません。

放っておくと、腫れたり治りにくい体になってしまいますので、専門家の施術の受療を受けられることをオススメします。