変形性膝関節症

 

『立ち上がったり歩き始めると膝に痛みが出る』

『膝が痛くて正座や階段の昇り降りがつらい』

『よく膝に水が溜まってしまう』

『膝を伸ばすのもつらい』

『長い間O脚で悩んでいる』

 

膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力の低下によって、関節に炎症が起こり痛みが生じる病気です。

やがて、軟骨が傷むと動かした際の衝撃が吸収できなくなるので、非常に強い痛みを感じます。

50歳代以上の男女でも特に女性に多く見られ、40歳代から徐々に増え始めます。日本国内だけの患者数でも約700万人といわれており、メジャーな病気ではありますが、歳のせいだからという理由で諦めている方も数多くいます。

変形性膝関節症を発症すると、膝の痛みのせいであまり運動しなくなり、脚の筋肉が衰えます。筋肉が衰えると、更に膝に負担がかかります。痛みを我慢したり、歳だからという理由で諦めていると、症状は悪化の一途を辿ります。

 

 

・初期の症状

 

人により異なりますが、最も早く現れる症状としては、朝起きて歩き始めた時などに膝の違和感を感じることがあります。また、階段の昇り降りや正座、しゃがむといった行為がつらくなります。

 

 

・中期の症状

 

初期の症状を放置すると、徐々に悪化していきます。痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらなくなったり、伸びきらない状態になります。

また、炎症も出てくるので膝がむくんだり、熱を帯びたり、水が溜まったりして膝が重だるくなります。

この段階で変形が進んでいる場合は、膝に力の入る動きをすると、ガリガリやコリコリといったような音が出てくる場合もあります。

 

 

・末期の症状

 

中期より更に痛みが強くなると、日常生活に支障が出るほどの痛みになります。歩くだけで痛みが出たり、寝ているだけで痛みを感じるようになります。

活動範囲が狭まってしまうためストレスが溜まり、うつ状態に陥りやすくなります。高齢者の場合は、こうした生活を続けていくと、認知症を併発することもあります。

 

 

変形性膝関節症が起こる原因

 

変形性膝関節症の原因は大きく分けて「一次性」「二次性」の2種類に分類されます。

一次性というのは、主に

 

・肥満

・加齢

・姿勢

・運動不足、筋肉の衰え

・女性(特に閉経後)

・O脚や扁平足などを元々持っている

・ハイヒール等を履く習慣がある

・膝への負担が大きいスポーツをしている

 

などが挙げられます。

二次性は主に、原因がはっきりしているものを言います。

要因は、

 

・半月板の損傷

・靭帯損傷

・膝関節の捻挫

・慢性関節リウマチ

・膝周辺の骨折による関節軟骨の損傷

 

などです。