1. どこの整体院、マッサージに行けばよいか分からないですよね。多くの方の信頼をいただいておりますので安心です。
  2. 自分で自分の身体をチェックしながらここちいい動きで筋肉や関節をほぐし、ゆがみを正していきます。
  3. はじめての方は不安かもしれませんがご安心を。アットホームな雰囲気でお迎えいたします。

 

当院は機器を一切使わず、手技のみで全身を調整する「完全手技のここち良い整体」です。頭の先から足の先まで、全身の各部位に適正な量の刺激を加えることによって、血行を良くし、自然治癒力を高める手助けを行います。

血行促進・新陳代謝を高めて、毎日をもっと健康的にあなたなりの健康づくりをしてみませんか?

 

筋肉と関節の緊張を緩め、歪んだ骨格を整えることで自律神経のバランスを良くし、人間が本来持っている自然治癒力を高め、身体不調の改善をお手伝いする。

歪む原因としては、主に日常での姿勢や習慣、同作業の連続や過度の運動、他には精神的なストレスも考えられます。このような原因によって筋肉のバランスが崩れ、背筋や骨盤が歪んでいきます。例えば、横座りや足を組む・猫背でのデスクワークや運動など微力な負担でも長時間になると、歪む原因となります。

歪んだ身体になると、病院に行っても原因がわからない不定愁訴、レントゲンではわからない頭痛・肩こり・腰痛をはじめ、自律神経の異常や生活習慣病・不眠・内蔵機能の障害などの症状や太りやすい、肌荒れがひどくなるということもあります。

歪んだ身体を改善していくには、整体的なアプローチがとても有効です。

整体を受けることで歪みを改善するだけでなく、慢性的な腰痛や肩こりの症状の緩和、ダイエットや老化防止にも効果的ですので皆様のお役に立てれるよう、するべき事を考える。

 

冷え・むくみ・疲れ・不眠・コリ等の痛み不調の症状は身体が変位していく前の症状で、このままの状態が続くと病気になりますよ、との警告です。

頭部から手足の指先まで血流が送られ戻りが悪いと冷え・ほてり・むくみになりやがて関節や内臓に痛み・不調が出てきます。

血流が行き渡らなければ、関節の動きが悪化し接触が強くなり変形の原因になります。

これからは病気になる前の予防という事がとても大事です。 

 

 

 

肩こりや腰痛の身体の不調、病院で診てもらったが血液検査やレントゲンやMRIの結果「異常ありません!!!」と言われたが、しかしつらい……。

ただとにかく「痛い」「だるい」「重い」、しかし『どこに治療に行ったら良いか分からない』と思った事はありませんか?

肩こりや腰痛・交通事故の治療などの『痛みや不快症状を治療する機関』は、整形外科、整骨院の他にも、「整体」などがあります。

 

 

 

痛みの治療を行う医療機関は、整形外科(病院)、整骨院(接骨院)、針灸院、整体、マッサージなどが代表的です。

しかし、それだけ『痛みの治療を行う医療機関』に種類がありながら、治療対象に当たる『適応症状』は、すべての医療機関であまり違いがありません。

整形外科(病院)、整骨院(接骨院)、針灸院、整体、マッサージの『適応症状』はほぼ同じです。

痛みの治療を行う医療機関の『適応症状』を大きく分けると以下の4つになります。

  • 肩こりや腰痛などの筋肉の症状
  • 手足の痺れ(しびれ)などの神経痛
  • 四十肩や膝の痛みなどの関節痛
  • むち打ちなどの交通事故や外傷

しかし、痛みの治療を行う医療機関すべてが、『治療を行っている症状=得意分野』という訳ではありません。

つまり、肩こりや腰痛で診てはくれますが、特に異常が無ければお薬の処方で様子を見る、肩こりや腰痛が『適応症状』というだけで、『得意症状』にはならないケースもあります。

適応症状は『得意分野』ではないのです。

肩こりや腰痛、関節の痛みなどの治療は、整形外科(病院)や整骨院(接骨院)、整体・マッサージなどが代表的です。

整形外科は『画像診断』と『投薬や注射』を唯一行えて、接骨院・整骨院は『骨折・脱臼・打撲・捻挫』の治療、整体は筋肉や関節に直接アプローチする施術を行い、クイックマッサージは『リラクゼーション』が中心です。

以下に、症状別のおすすめ治療について記載したいと思います。

 

■整形外科医院(病院)

  • ぎっくり腰や椎間板ヘルニアで動く事が困難な場合
  • 関節の痛みで、レントゲンなどを撮りたい場合
  • 骨折も疑われる打撲・打ち身をした場合
  • 健康保険を使いたい場合
  • 交通事故の被害に遭った直後

■整骨院・接骨院

  • 肩や肘の脱臼の場合
  • 足首などの捻挫の場合
  • 健康保険を使いたい場合
  • 交通事故初期の治療

■クイックマッサージ

  • 治療というよりもリラクゼーションを求める場合 

あまり知られていませんが、それらの治療機関には得意・不得意分野が存在し、病状に対して得意な治療機関へ受診する事が最も効率的な症状改善につながります。

 

ここでは、様々な医療機関の得意・不得意分野を考え、効率的に症状を改善するには『どこへ治療に行ったら良いか』を説明させていただきます。

「整形外科や整骨院」などと「整体」の違いを知っていれば、今の症状の場合どこで治療を受けると適切か悩むことなく早期の治療を行えて、病状も悪化させずに済み健康をより早く取り戻すことができます。

病状によって得意・不得意が存在するので、それに合った治療選びをしなければ腰痛などの病状はなかなか改善しないのが現状です。

また、私は『この症状は整形外科に行った方がいい』と思えば整形外科や病院に紹介しますが、残念なことにこの業界は横のつながりがほとんどないため、時々一部の整形外科や脳外科から紹介を受けますが、接骨院・整骨院などからは紹介を受けたケースはほとんどありません。

各分野で連携治療ができるとベストだと思います。

  

 

 

  

  • 整形外科や整骨院などで改善しない症状
  • 肩こりや腰痛、四十肩や五十肩などの筋肉や関節が原因の症状
  • 坐骨神経痛や手足の痺れ(しびれ)などの(自律)神経の症状

様々な治療の得意分野を知っておくと、『どこに治療に行ったら良いか分からない』という疑問もある程度はなくなってくると思います。

肩こりや腰痛、膝関節の痛みなどの様々な症状は、出たり消えたりを繰り返し少しずつ悪化していきます。

症状が『一時的に消えた時に「治った」と思って放置』してしまうと、後々にぎっくり腰や椎間板ヘルニア、手足の痺れ(しびれ)などが出て、最悪の場合は生涯その症状に悩まされてしまう事もあります。

 

一時的に消えた症状は、最悪の状態を一時的に脱しているだけなのです。

 

筋肉や骨格の症状も内蔵の症状と同じで、1度悪くしてしまうと、健康な状態に戻す事はとても難しくなります。内蔵の症状も筋肉・骨格の症状も早期治療が大切になります。

コリや痛みは悪化すると完全には治らないので、早めはやめのメンテナンスがとても重要になってきます。

少しでも気になる症状のある方は、接骨院や整体で早めの治療を受け、週に一回程度で、ある程度まで症状の改善を行い、その後は『月に1回~季節に1回程度』の定期的な治療をお勧め致します。

 

整体の効果

整体の効果についてお話しますと、脊椎の骨と骨の間から出ている神経があり、これらは内蔵の働きにも大きく関係しています。

この背骨の間から出る神経は、背中の筋肉や関節(骨と骨の連結)が固くなったりすると、圧迫され、その圧迫された部位に応じて胃の働きが悪くなったり、肝臓の働きが悪くなったりします。(本来の機能を低下させます)

整体とは、そのように悪くなった状態を、筋肉の弛緩や骨盤矯正などの『効果』で症状改善を目指す治療法になります。

『筋肉や関節の不調』を整えて、『神経の流れ』を回復させ、『コリや痛み症状』の改善をうながします。

また、「整体」の施術は『整形外科医院(病院)や整骨院・接骨院などの治療』とは根本的に異なるので、病院に通院してもなかなかよくならない場合などには、「整体」が効果的な場合も少なくありません。

健康保険のきかない所がネックですが、『病院や整骨院・接骨院などの治療』で改善しない症状に関しても、あきらめる前に効果を試してみる価値は充分にあると思います。 

 

 

 

「整体院」と「整骨(接骨)院」は、名称は非常によく似ていますが、施術の方法や資格などに関して大きな違いがあります。

【整体院】
「整体」とは、体を支える中心となる骨盤や背骨を整え、骨のズレなどを矯正することによって筋肉のコリや疲労をほぐし、体全体のバランスを整えます。
また、体全体の血流が良くなるように促しますので、ねん挫などの腫れが早く引くというケースも多くみられます。
手技により体全体のコリ・歪み・ズレなどを確認した後、施術に入りますのでまだ自覚症状の出ていない箇所が事前に見つかったり、その症状が悪化しないよう未然に防ぐことにもつながります。
痛みを発症している箇所だけではなく、体全体のバランスを整えますので体の痛みが緩和されることはもちろんのこと、痛みの再発を防いだり、遅らせたりできることが特徴的です。

【整骨院(接骨院)】
「整骨」とは、ほねつぎとも呼ばれ、打撲、脱臼などを江戸時代から伝わる専門の知識と手技を使って治療する伝統医療です。
また、整骨(ほねつぎ)は、柔道整復師という国家資格者が施術をおこないます。
整骨院の多くは、痛みの発症している一部分のみに対して低周波治療器などの機械を用いて治療するというのが一般的です。また、整骨院は脱臼の治療ができるのが特徴です。
脱臼をした場合、無資格者が元に戻そうとすると靭帯や関節を傷つけることがありますので、必ず有資格者のいる整骨院で“整復”を行ってください。
また、脱臼とともに骨折が疑われる場合は整形外科を受診しましょう。

 

突発的な怪我でも骨折が疑われるときは迷わず整形外科でレントゲンを撮ってもらってくださいね。

その他の改善方法の特徴は以下の通りです。

【カイロプラクティック】
手技を用いて骨の位置を整えることにより、身体のバランスを整える改善方法です。

【鍼灸】
経絡にそって針やお灸により、ピンポイントで痛みや違和感を緩和させます。

 

一言に『整体』といっても、お店それぞれで施術の方針が異なります。

 

【リラクゼーション系】
癒し・リラックスを目的としており、気持ちのよい施術を行います。あくまで、「気持ち良さ」を重視しているので、ストレス解消などに向いています。

 

【根本改善・症状緩和系】
こちらは「気持ち良さ」ではなく、あくまで痛みや違和感などの緩和・症状の改善を目的としています。

整体院については、リラクゼーション系と根本改善・症状緩和系が混在しているため、お店選びをされる際は、慎重なリサーチが必要ですね。

身体を家に例えると、筋肉は土台・骨格は柱と表現されることがあります。
整体は、土台である筋肉を正しく整えることによって、自ずと柱である骨格を正常な状態に戻しますため、再発防止の効果が高いと言われており、個人的には最もおすすめしたい施術の一つです。  

 

 

 

接骨院・整骨院とは

 

整骨院とは、国家資格を持った施術者が、捻挫、打撲、挫傷(筋・腱の損傷)骨折、脱臼などに対し痛みの緩和、治癒の促進といった治療(医療類似行為)を行う施術所です。
国家資格保有者だから安心してお任せいただけます。また健康保険を適用した治療が受けられる(一定条件あり)点においても、一般的なマッサージ店とは異なります。
当院には柔道整復師と鍼灸師が在籍しておりますので、骨・関節・筋・腱・靭帯の怪我の治癒から、冷え性や食欲不振といった長引く身体の不調まで、身体のお悩みはお気軽にご相談ください。

 

接骨院と整骨院は、名称が異なるだけでいずれも厚生労働大臣が免許を与えた国家資格を有する柔道整復師が行う施術所です。

 

 

整体やカイロプラクテイックとの違い

 

整骨院は、国家資格を持つ柔道整復師が医療類似行為を施術できますが、整体やカイロプラクティックは資格不用職業であり、誰でも名乗ることができます。保険も扱えません。
カイロプラクターや整体士の「民間資格」では、少なくても日本国内において、マッサージなどの医療類似行為を認められておらず、利用者は自己責任としてサービスを受けることになります。
実際は、整体師等の方でも素晴らしい技術を持っている方が多くいらっしゃいますが、ほとんど医療の知識がない人でも営業できるので、費用も含めて訪れる際は慎重に選んだ方が良いでしょう。

 

 

整骨院と整形外科の違い

 

治療の内容が全く異なります。
整形外科は医者であり、医療全般を提供します(ほぼ全ての外傷、病的変形などを扱う)。
対して整骨院は、骨折、脱臼に対して応急処置が認められ、治療を進めるには医師の同意が必要となります(レントゲンや麻酔、投薬が扱えないため、病院との連携が必要となります)。
また、整形外科治療後のリハビリやストレッチ、テーピング、日常生活での原因・対策・予防の指導などの細かい対処は、整骨院の得意分野となります。
整骨院は、地域密着で身近な治療を行うところと考えていただければよいと思います。

 

 

 

「整骨院」とは国家資格を持つ柔道整復師が、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などのケガを治療する施術所です。

柔道整復師は高校生以上の卒業をもって、文部科学省指定4年制大学、或いは厚生労働省認定養成施設において、 4年以上または3年以上修学(解剖学・生理学・運動学・病理学概論・衛生学・公衆衛生学・一般臨床医学・外科学概論・整形外科学・ リハビリテーション医学・柔道整復理論及び関係法規などの基礎系・臨床系科目) 国家試験に合格したものに与えられる国家資格です。

 

一方、「整体院」(整体師)とは公的な資格を持たない業種です。
従って、当院では「背骨を矯正するとか、骨盤のゆがみを治す」等といった施術は行いませんし、医学的にもこのような施術は考えられません。

また、マッサージ目的で来院される患者さんがおりますが、慰安的行為(例えば肩こり等)は保険適用になりませんので、 国家資格を持つ「あん摩指圧マッサージ師」にお願いするようお伝えしています。

当院は患者さんの状態により、必要と判断した場合には、 『医師の同意』を得るなど連携をとりながら地域医療に携わっています。

 

 

・スポーツ傷害の治療

 

 

包帯・テーピング・副木等を使用し、正しく支持・固定をすることで、初期症状を軽減させ、 早期のリハビリテーション、そして現場への早期復帰につなげます。

当院では医療保険の適正な取り扱いのもとに適切な治療を行っております。 特にスポーツ外傷やスポーツ障害に対して、視診・問診・触診及び徒手検査法を使い、 ケガや痛みの原因・状態を正確に判断し、患者さんへの説明の後、適切な治療(施術)を進めていきます。