脊柱管狭窄症

 

『少し歩くとお尻や足の方に痛みやシビレが頻繁にでる』

『痛みやシビレが辛く、足に体重をかけることができない』

『歩くのは痛んで辛いが、自転車には楽に乗ることができる』

『仰向けで横になると足がしびれる』

『腰を反るとシビレが強くなる』

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、主に背骨のバランスが崩れ、腰まわりで神経を刺激してしまう病態のことをいいます。

そもそヒトの背骨というのは自然体で”S字状”に弯曲しています。

その弯曲は「衝撃の吸収」と「内臓の保護」という役割を果たしています。

このS字弯曲の構造が崩れてしまうことによって、”脊柱管”という太い神経が通るスペースが狭くなり、神経を圧迫することで起きる病態です。

 

 

脊柱管狭窄症の原因はさまざま考えられますが、主に加齢からの骨の変形や、骨周囲の組織の変形・炎症があげられます。

特徴的な症状として、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」と「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」があります。

”坐骨神経痛”は、脊髄の通り道である脊柱管が狭くなることにより神経が圧迫されて主に下半身のしびれや痛みとなって症状がでます。

”間欠性跛行”は、一定の時間歩くと足に痛みやしびれが表れるものの、「少し休むと再び歩くことができるようになる」というもので、進行していくと短い距離を歩いただけでも痛みが生じ、買い物程度の外出が厳しくなってくるなど、大いに日常生活に支障をきたす事態にもなりかねない症状です。

座骨神経痛より聞きなれない言葉だとおもいますが、このような症状に悩まれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、この症状が見られることが多い傾向は

 

「肥満傾向である」…腰部の反りが強くなる傾向にあるため

「姿勢が良くない」…弯曲構造の乱れをつくるため

「年齢が60歳以上」…加齢による弯曲の変形を起こすため

「筋力が落ちてきてしまった方」…筋力の低下から負担のかからない姿勢を維持できないため

 

 

病院での検査の結果、脊柱管狭窄症が疑われると診断された場合、多くの場合は投薬治療・理学療法を実施されて改善されない場合、神経ブロック療法へとステップを進めます。

しかし、これらの治療では「痛みの緩和が長続きしない」「すぐにもどってしまう」と訴える方が多くいらっしゃいます。

神経ブロック療法も期待した効果が認められないまま、普段の生活に支障が出るほど症状が悪化していれば、最後には外科手術が検討されることになっていきます。

大きく2種類の方法があり、骨や組織などを削ったり、腰椎と呼ばれる腰の骨を固定する方法、いずれも神経の圧迫を取り除くことを目的としています。

ですが、手術は成功していても痛みは取れない、もしくは再発してしまう方は半数以上にのぼるという調査発表もあるのが現状です。