頭痛・片頭痛

 

・「頭が重くて集中出来ない・・・」

・「首や肩のコリから頭痛に発展した・・・」

・「頭痛薬が手放せない・・・」

・「原因不明だが、頭がズキズキ痛い・・・」

・「慢性的な肩こりから、頭痛が発生している・・・」

・「持続的に頭痛がして、辛い・・・」

・「定期的に頭痛がおこり、毎日悩んでいる・・・」

・「急に頭痛が起きて、いつもくるしんでいる・・・」

 

 

多くの方が経験する頭痛。 


それは、何らかの原因によって、頭部の血管の拡張が起こり、炎症が発生する症状です。

かぜや二日酔いなどで一時的に起こるものもありますが、持病のように慢性的に起こる頭痛も少なくありません。

そのような頭痛に悩む「頭痛持ち」は、日本には約3000万人(およそ4人に1人)いるとみられています。

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛などで痛みの種類がかわりますが、その主な症状は、ズキズキしたり、頭部が締め付けられたり、ひどい時には吐き気を生じたりします。

頭痛の原因として80%の方が「筋肉の緊張」によるものと診断されています。

 

主に首や肩、背中の筋肉が硬くなることが原因となっています。

筋肉が硬くなる理由としては、深層筋と筋膜と呼ばれる全身を包んでいる膜の状態が悪くなり、骨格のポジションが悪い位置で記憶されているからです。

 

筋肉に柔らかさがなくなると、全体の血流が悪くなり疲労物質を流しづらくなります。

その結果、蓄積されたものが痛みとして感じ取られることになるのです。

 

 

・血管拡張・・・片頭痛
・ストレスによる血行不良・・・緊張型頭痛
・原因不明・・・群発頭痛(発作的に起こる)

 

 

頭痛一つをとっても様々な原因があり、症状も異なります。

放っておいても根本的に改善することは出来ませんので、鍼灸院整体院・接骨院の施術を受けられることをオススメします。

 

単純な頭痛に対しては、薬を飲んだり睡眠を取ることで、一時的に症状が和らぐことがあります。

しかし、筋肉に硬さが残ったままだと再び頭痛がぶり返してしまいます。

 

その場しのぎの対処を続けて行くと、本来改善するべき骨格ポジションや深層筋と筋膜の状態を悪い状態のまま放置してしまうことになります。

その結果、頭痛がしぶとく残ってしまうのです。

 

「深層筋」と「骨格」を調整することで、「正しい全身バランス」を記憶させる施術を行っていきます。

頭痛の場合も、筋肉が硬くなってしまう状態が癖づいてしまっていることが原因です。

 

頭を支える筋肉の緊張を取っていきます。

 

さらに、緊張の原因である骨格のバランスも整える事で、筋肉が持つ本来の動きを取り戻して血流を良くし、頭痛の改善へと繋がります。

 

根本的に改善していくためには、良い状態を記憶させていくことが重要です。